若林 舞衣子さん

自分のことは自分でしっかり責任を持つことが大事。

若林 舞衣子さん

プロゴルファー/ヨネックス所属
加茂市立加茂中学校出身 平成18年度卒業

もともと「プロゴルファーになる」と決めていた私にとって、試合出場への理解や支援体制などが整った開志学園は理想的な環境でした。ゴルフと勉強の両立はかなり大変でしたが、その分、計画性が身について自己責任の意識が高まりました。何事も自分次第です。私もいつかは全米女子オープンで優勝できるようにがんばっています。

酒井 高徳さん

自分が一生懸命になれるものを見つけよう。

酒井 高徳さん

ハンブルガーSV所属/日本代表
三条市立大崎中学校出身 平成20年度卒業

開志学園では、高校の単位をしっかり取りながら、3年間サッカーに集中することが出来ました。高校生活を充実させるためには、何か一つ自分が一生懸命になれるモノを見つけることが大事です。ぜひ、開志学園で自分なりの一番を見つけてほしいですね。僕は今、ドイツと日本代表で新しいチャレンジをしています。これからも自分の夢に向かって全力でがんばります。

川村 優理さん

好きなことがあるなら、あきらめずにがんばって!

川村 優理さん

ノースカロライナ・カレッジ (アメリカ・女子プロリーグ)所属/サッカー日本女子代表
新潟市立上山中学校出身 平成19年度卒業

自分が大事にしてきたサッカーに集中でき、また文武両道に努められる環境を求めて開志学園を選びました。その選択が今の自分に繋がっているのだと思います。これから先、困難なことや辛いことがあるかと思いますが、発想をプラスに転換すること、そして何事も『楽しむ』気持ちを忘れずに人生を歩んでいってほしいです。

小倉 祥子さん

開志学園でダンスの基礎を身に付け、憧れのアルビチアに!

小倉 祥子さん

第11期~第16期 アルビレックスチアリーダーズ
村上市立荒川中学校出身 平成22年度卒業

サッカー観戦で見たアルビチアのパフォーマンスに魅せられ、「一緒に踊りたい」と強く思ったのが在学2年生のときでした。同じころに、授業の一環で参加したダンスコンテストで、アルビチアのメンバーと出会い、本格的にチアリーディング、チアダンスを始めました。開志学園で身に付けたダンスの基礎が、今の私を支えています。

Negicco

やりたいを叶えるには、ルールを守ることも必要。

Nao☆さん、Meguさん

Negicco
平成18年度、19年度卒業

在学中は好きな歌とダンスに打ち込む事が出来たので毎日が充実して楽しい学園生活を送る事が出来ました。好きな事ができるわけですから、当然自分で責任を持たなければなりません。社会や学校のルールを守る事が好きな事が出来る最低限のルールです。「夢を諦めなかった人には夢が叶う」と云う言葉を信じて私達は頑張っています。皆さんもルールを守り自分の夢に向かって学園生活を謳歌して下さい。

エイキ ミナコさん

自由な雰囲気と個性を大切にする学校。

エイキ ミナコさん

絵本作家・イラストレーター
新潟市立横越中学校出身 平成18年度卒業

高校から絵を本格的に学びたかったことが入学の動機です。実際デッサンなど本格的でとても勉強になりました。興味のあることは集中的に学べたし、自由な雰囲気と個性を大切にする校風は、他校にはない魅力だと思います。夢は世界中の人たちに読んでもらえる絵本作家・イラストレーターになること。皆さんも自分が信じた方向へ諦めずに進んでください。

斉藤 周平さん

最高の友人や先生方に出会わせてくれた。

斉藤 周平さん

日本アニメ・マンガ専門学校
新潟市立葛塚中学校出身 平成26年度卒業

開志学園に入学して、周りが自分と同じ漫画を描く人達という環境にとても刺激を受けました。それはもっと上手にならなきゃ、という良い意味での焦りを感じさせてくれたからです。また、担任の先生はもちろん最高のクラスの友人達に出会え、充実した学校生活を送ることができました。将来は多くの少年に影響を与えるような漫画を描き上げることが目標です。

中澤 卓也さん

自然と身に付いたバランス力が、プロとしての仕事に活かされている。

中澤 卓也さん

歌手(日本クラウン)
長岡市立江陽中学校出身 平成25年度卒業

進学を考える頃には「プロ歌手」を意識していたので、選択フィールドで専門的な知識が学べるところは一番の魅力でした。また、座学とのスイッチの切り替えがあることで、「歌」以外の仕事も多いなか求められる「バランス力」が学園生活で自然と身に付きました。今の夢は、「音楽ジャンルの架け橋」となり、「演歌・歌謡曲」にふれる機会のなかった年代や、海外にむけても、その素晴らしさを「夢・希望・勇気・力」とともに「歌手 中澤卓也」の声を通して届けていくことです。