男子硬式野球週4日コース限定

男子硬式野球

主な大会

火・水・木は選択フィールド、金・土・日は部活動で練習試合など実践練習。充実した練習環境と指導体制で甲子園出場を目指します。

  • 春季新潟大会(4〜5月)
  • 全国高等学校野球選手権新潟大会(7月)
  • 秋季新潟大会1次リーグ(8月)
  • 秋季新潟大会(9月)

充実の指導体制

新潟医療福祉大学野球部監督の佐藤和也氏を総合アドバイザー、その教えで甲子園出場経験を持つ川上大輔監督、漆原大夢コーチの指導体制で甲子園を目指します。

連携先新潟医療福祉大学 / アップルスポーツカレッジ(ASC)

バスケットボール(男・女)週4日コース限定

バスケットボール(男・女)

主な大会

バスケットボールを通じて「礼節」「規律」の遵守を学ぶとともに、技術だけではなく、チームとしての活動を通して協調性も学んでいきます。

  • 高校春季新潟地区大会(4月)
  • 全国高校総合体育大会(インターハイ:7月)
  • 新潟市内リーグ(8月)
  • 秋季地区大会(11月)
  • 全国高校バスケットボール大会(ウィンターカップ:12月)
  • BSN杯新潟県高校バスケットボール大会(1月)

平成29年度女子新設

充実の練習環境

練習は、選択フィールドや金土日の部活動の時間に体育館のアリーナで行います。また他校との練習試合や合同練習なども行うことで、技術とチーム力の向上を図ります。

連携先新潟アルビレックスBB / 新潟アルビレックスBBラビッツ / アップルスポーツカレッジ(ASC)

柔道(男・女)週4日コース限定

柔道(男・女)

主な大会

柔道を通して「礼節」「規律」の遵守を学び、心身ともにたくましい人間を育成します。平日の選択フィールドやフリーデイ、土曜日に練習や出稽古を行います。

  • 春季新潟地区大会(4月)
  • 新潟県高校総合体育大会(5月)
  • 北信越高校柔道大会(6月)
  • 全国高等学校柔道大会(8月)
  • BSN柔道選手権大会(11月)
  • 全国高校柔道選手権大会(1月)

充実の練習環境

練習はトレーニングルームも完備した体育館のフロアに設置する柔道場で行います。練習とあわせて遠征や出稽古を重ねることにより技術と精神力を向上させます。

連携先アップルスポーツカレッジ(ASC)

空手・テコンドー(男・女)週4日コース限定

空手・テコンドー(男・女)

主な大会

空手、テコンドーを通して「礼節」「規律」の遵守を学んで心技体を鍛えるとともに、世界に通用する格闘家の育成を目指します。

  • 全日本青少年空手道選手権大会(4月)
  • 全日本空手道選手権大会(10月)
  • 全世界青少年空手道選手権大会(12月)
  • ジャパンWATAオープン 国際テコンドー選手権大会(4月)
  • JOCジュニアオリンピックカップ(7月)
  • 全日本学生テコンドー選手権大会(12月)

2つの競技を極める

実践を重視したフルコンタクト空手と同時にテコンドーの技術やルールも学びます。テコンドー種目ではオリンピック出場を目指します。

連携先新潟県テコンドー協会 士衛塾

部活動

女子硬式野球週4日コース限定

女子硬式野球

主な大会

東北・北陸地方で初の高校女子硬式野球部として、新潟から「女子硬式野球」で全国に挑戦します。

  • 全国高校女子硬式野球選手権大会(8月)
  • 全日本選手権大会(8月)
  • 女子硬式ユース選手権(8月)
  • ジャパンカップ(11月)
  • 全国高校女子硬式野球選抜大会(3月)

オンリーワンの環境

部活動として平日放課後と土日にグラウンドで充実した練習を行います。

連携先新潟医療福祉大学 / BBガールズ普及委員会 / アップルスポーツカレッジ(ASC)

ボクシング(男・女)

ボクシング(男・女)

主な大会

ボクシングを通じて「礼節」「規律」の厳守を学んで心技体を鍛えるとともに、新潟に新しいスポーツ文化を創造します。

  • 春季全県大会(4月)
  • 新潟県高校総合体育大会(6月)
  • 国民体育大会選考会(7月)
  • 新潟県新人大会(12月)

一流の指導体制

活動は放課後なので、どの選択フィールドからでも参加できます。アトランタオリンピックにも出場した仁多見史隆コーチの指導で全国No.1を目指します。

連携先新潟県ボクシング連盟

アイススケート

アイススケート

主な大会

最高の環境と単位制ならではのオンリーワンカリキュラム、新潟から「アイススケート競技」で全国に、また世界に挑戦します。

  • 東日本ジュニア選手権(11月)
  • 全日本ジュニア選手権(12月)
  • 国民体育大会冬季大会(12月)
  • 全国スケート競技選手権(1月)
  • バッジテスト取得

オンリーワンの環境

部活動は通年型24時間営業の新潟市アイスアリーナで行い、月1回の貸切練習で技術をみがきます。

連携先オールアルビレックス / 新潟県スケート連盟

モータースポーツ

モータースポーツ

主な大会

レーシングカートの構造や整備技術を学ぶことはもちろん、専用サーキットでの走行練習でドライビングテクニックの向上を目指します。

  • SPN2&4フェスティバル(4~10月)
  • フォーミュラーオーディション(8月)
  • アルビレックスレーシングチーム ドライバーオーディション(9月)
  • SLカート全国大会(11月)

胎内市の指定生徒寮への入寮を基本としています。また選択フィールドの時間はITの選択となります。

充実の練習環境

走行実習は国内最大級のカートコース「スピードパーク新潟(新潟県胎内市)」でアルビレックスレーシングチームの指導のもと練習します。

連携先専門学校 新潟国際自動車大学校(GIA)/ アルビレックスレーシングチーム